アットホーム

子供は育てるものじゃなく、一緒に育つんだね♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの子にも使える接し方

2009.05.21 (Thu)

特別支援教育などで、発達障害が注目されつつあります。
普通のようで、ちょっと変わったところがある発達障害。
案外理解されにくいというのが現状です。

これは『アスペルガー』の子供の接し方について、よりよい方法が書かれている本ですが、全ての子育てに共通することだと思います。
それは子供を理解すること。


a090521-02.jpg

子供は認めてくれる人がいるから安心します。
親はつい感情的になってしまいますが、肯定的に受け止めてあげることが大切なのだと学びました。
色々な子供がいて、それぞれの性格があって、それを伸ばすのも潰すのも、周囲の理解や協力次第だと思わせられる内容でした。
本日の夕食

ブリの塩焼き
肉じゃが
大根とわかめの味噌汁


a090521-03.jpg

今日の長男クンのお弁当。

a090521-04.jpg
(ミートボール・塩鮭・卵焼き・かにかま・ポテトサラダ・ブロッコリー・プチトマト)

今朝は母は寝坊してしまい、慌てて作った即席弁当です(^^;

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私の甥っ子も・・・

実は、私の甥っ子も「アスペルガー」です。
幼稚園に居ても、他の幼児と話をせず、いつも一人でいるらしいです。文字を書けず、箸を持てず、ハサミも持てません。
さぞ、妹は辛い毎日を過ごしている事と思います。でも、甥っ子は無能か?というと、そうでは無いのです。車の名前はほとんど覚えており、幼稚園の先生の車全ての名前(車種)を言い当て、先生方を驚かせたと言います。
ある分野については、異常なほどの能力を持っている・・・「アスペルガー」の隠れた症状だそうです。
私は思うのです。天才と呼ばれる人の多くは「アスペルガー」だったそうだから、甥っ子も、これからが楽しみだと・・・(笑)。

庭花さん

他の子の比べ、理解する経路が違うだけだと思っています。
けれど集中できれば、要するに『興味のあること』になれば、その集中力は並大抵のことではありません。
そこのところ、なかなか理解されないのですが、高望みをせず、その子どもに合った接し方をするのが、一番いいと言われています。
家族の習慣に合わせるのではなく、その子どもに一番いい方法に合わせてあげることが必要ですね。

この子たちは天使のような純粋さを持ち合わせています。
どうかその心だけは守ってあげられるよう、努力したいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

星が見える名言集100

プロフィール

風花

Author:風花
横浜生まれの横浜育ち
2001年夏、八ヶ岳南麓に移住


★今日もいい感じ★
↑八ヶ岳南麓を綴っています♪
(更新休止中)

Twitter

My Album

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。